英検1級レベル&Camblyユーザーの私がDMM英会話で英語レッスンを受けてみた

英語学習

オンライン英会話Camblyを6月から使用しているのですが、やっぱり日本でよく聞くのはDMM英会話なので、試しにDMM英会話のレッスンも受けてみました。とりあえず登録したらもらえる無料レッスン2回分を使ってみて感じたCamblyとの違いや個人的な感想をご紹介します〜オンライン英会話での英語学習を検討している方の参考になれば幸いです!

最後には年始のお得なセール/キャンペーン情報もまとめておきましたのでぜひ◎



[関連記事]いつでもオンラインで英会話ができる!英語初心者にもおすすめなCambly

オンライン英会話で見るポイント、各社の違い

プランなど詳しい話はオンライン英会話サービス比較サイトがたくさんあると思うのでそちらをみてもらったらと思うのですが、個人的にオンライン英会話サービスを選ぶときにここ大きいな!と思ったポイントは2つあります。

課金ポイントがどれくらいあるか。

Camblyは値段が高いとよく言われます。それに対してDMM英会話やnative campは安いとよく言われます。でもよくみると基本料金は安いかもしれませんが、その分課金しないとできないことが多いんです…例えば、DMM英会話やnative campではネイティブ講師とのレッスンには追加料金が必要です。それからnative campはレッスンの予約にも追加料金が必要。Camblyは予約ありも予約なしのレッスンも、どの教師であっても、どの時間帯であっても課金不要です。

オンライン英会話を選ぶときは、基本の料金もそうですが、自分がどんな先生とレッスンを受けたいか、どれくらいの頻度でレッスンを受けたいか、などに合わせてサービスをやっぱりきちんと選ばないといけないなと思います。

日本人のみ対象か、全世界対象サービスか。

DMM英会話やnative campは日本のサービスなので、生徒が日本人前提で教師も話してきます。一方でCamblyは世界中の英語学習者が使っているので、どこに住んでいて、どこ出身か聞かれることが多い(名前とかアクセントとかレッスンを受けている時間帯から予想してくる先生もいる。)です。

Camblyは日本人が日本ユーザーのカスタマーサポートに入っているので、日本語での問い合わせももちろんOKで、トラブルがあったときも安心ですが、やっぱり日本のサービスの方が何かあったとき安心という方もいると思います。逆に、Camblyが最近サービスを開始したグループレッスンは、全世界にユーザーがいるのでさまざまな国の英語学習者とレッスンで交流することができます。いろんな国の人の意見が聞ける機会はめちゃくちゃ貴重だな〜と思います。

CamblyとDMM英会話を比較してみた

普段Camblyを使用していて、DMM英会話のいいなと思ったポイントとCamblyの方がここはいいなと思ったポイントをまとめてみます。

私的DMM英会話のよかったポイント

  1. スタンダードプランだと1ヶ月毎日1レッスンで7900円(値上げ後2023年2月からの価格です)と安い
  2. スタンダードプランだとネイティブ講師は受けられない&フィリピン人講師が圧倒的に多いけど、レアな国(ガーナ、セルビア、ジョージアなど)の先生の英語が聞ける
  3. レアな国の話が聞ける
  4. どこの国の先生とレッスン受けたかでバッチ?が貯まっていくので次は違う先生とどうせなら話そうとなる

Camblyだと母国語が英語の先生なので、出身国がある程度限られてしまうので、ネイティブではないけど行ったことのない国やあんまり知らない国の話を先生に聞けるのはCamblyにはないDMMの良さだなと思いました。また、アクセントがある英語のリスニング練習にはなりました!耳が鍛えられるw

あとCamblyと違う点として、DMM英会話はレッスン後にレッスンノートが更新され、先生からのメッセージや今日登場した単語が記録されるのですが、メッセージはある程度定型文感があったし、単語はそんなの出てきたっけ?みたいな単語が記録されていたので別にレッスンノートはいらないな〜となりました(笑)

私的DMM英会話が微妙だったポイント

  1. その日の気分でレッスンを受けたいタイプなので、予約が必須なDMM英会話はスケジュールに組み込みにくい
  2. ネイティブ講師は追加料金が必要(謎だったのが日本人のバイリンガル講師も追加料金発生すること…それだけ日本人講師の需要があるんですかね?)
  3. その表現知らない!みたいなフレーズが出てくることはあんまりない
  4. レッスンを受けていると先生と生徒みたいな感じがする

DMMではネイティブじゃない先生とのレッスンだったので、第二言語習得者同士だからか初めて聞くフレーズや単語が毎回のレッスンで出てくることがとても少なかったです。やはりネイティブの方がボキャブラリーの幅が広いというか、表現が豊かで、そんな言い方するんだ〜今度使ってみよ〜みたいな発見がレッスン中に多くて楽しかったです。

あと個人的にちょっと感じたのが先生との距離でした。Camblyだとどの先生でも先生というよりはたまたまバスで横に座った人みたいな感覚なので、DMM英会話が先生と生徒感が強くて距離を感じたのが微妙だったなと思いました。名前も呼ばれる時もCamblyはカジュアルに呼び捨てだけど、DMMの方はさん付けする先生がいたり…

逆にDMMになくてCamblyにある録画機能はすごいなと思うものの、私個人はあまり見返さないので(復習するべきだとは思うけどできてない)、DMM英会話になくても困らなかったです。free talkをする時の内容的にやっぱりCamblyの講師の方が私の知らないフレーズや表現を使ってくることが多いので、そういった意味で録画機能は結構意味があるなと思いました。

DMM英会話を使うなら講師選びに時間を使え!

あまり私的メリットはなかったのでDMM英会話は体験だけで契約しなかったのですが、もしDMM英会話を使う場合は下記ポイントを押さえて使用すると思います。

DMMではレッスンを受けるために予約が必須なので、評価の悪いコメントがないか、講師のプロフィール動画やレートなどを見ながら、自分の受けられる時間に予約枠が空いている先生を探すのに時間をかけるべきだと思いました。(Camblyではそういう点は全然気にせず、そもそもログインした時間帯にオンラインで待機している先生を適当に選んでます。)

受講前に、DMM英会話に限らず、安めに価格設定がされているオンライン英会話を使っている友人から先生がレッスン中に他のことをしていたり、家族とタガログ語で話したり、といったことがあると聞いたこともあったのでここは手を抜かずにやってほしい。

そして何回かレッスンを受けてどうしても自分の満足いくレベルの先生に出会えなければ、ネイティブプランに課金を検討するのも一つだと思います。

【2023/01セール情報】今年こそ英語学習を…!という方へ

私も毎年、今年こそ英語がんばろうって思ってるのできっと同志の方も多いはず…英語学習始めるなら、今ですよ!年始ということで各社セールやってます◎

ネイティブキャンプは月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!で、今なら5000円のアマギフがもらえるから初月は実質1480円…ちなみにネイティブキャンプではカランメソッドでレッスンが受けられます(ちょっと気になっている)。

一番お得期間が短かったCamblyもセールを1月31日まで延長発表!1年コースを契約すると50%OFFが適用されるコードは「ny23t」のようです!新規登録で無料の15分レッスンもついてきます。
↓こちらから登録&無料体験レッスン15分も受けられますのでぜひ〜


2023年英語力維持、共に頑張りましょ!!

[関連記事]私が選ぶ英語学習にもおすすめな洋書3選

タイトルとURLをコピーしました